函館若葉幼稚園

電話番号 0138-42-4471

教育理念

よく遊ぶ元気な子

広い保育室、広い遊戯室、広い廊下でのびのびと!

乳幼児期は、「遊びの中で学べ」といわれています。
“わかば”では、自由な遊びの時間をたっぷりと楽しんでいます。
遊びに没頭している子どもは、生き生きとしています。
子どもたちは遊びの中で考えを深め、工夫をこらし、発明し、発見をします。

それと同時に、身体をきたえ、心身の調和をはかります。
そして、遊びによって、共同作業をおぼえ、友達関係を意識し、社会性を豊かに育てていきます。

よく遊ぶ元気な子

心ゆたかな子

心ゆたかな子
様々な表現遊びから!

園外保育を多くし、自然の中で、絵を描く、ものを作る、など遊びを楽しく行っています。
おはなし、紙芝居、絵本などに、たくさんふれるようにしています。

運動会、お遊戯会、誕生会など様々な行事を通して、心豊かな子に育ってほしいと願っています。

じょうぶな子

積極的に運動遊びを取り入れて

「からだ」が活動の基礎になります。“わかば”では、自由で活発な遊びの中で、体力づくりがなされてます。

  • 幼児体育の講師により週1回の「体育あそび」の日があります。(2歳児~)
  • プール遊び(年長児→年8回・年中児→年8回・年少児→4回)サンスポーツクラブで行っています。
  • サッカー遊び サッカー講師によりボール遊びの楽しさやバランス感覚を養います。(2歳児~)
  • 徒歩による園外保育を多く取り入れ、身体づくりをします。
    うがい、手あらい、食後の歯みがきの習慣が、つくようにしています。
  • 薄着をすすめています。
  • 完全給食でバランスの良い食事と毎日牛乳を飲み肝油を食べ強い身体をつくります。
じょうぶな子

やさしい子

やさしい子
ほとけ様に守られて

今、宗教心の欠如が問題となっています。
“わかば”の教育の根本には、「ほとけ様」の広い心が生きづいています。

日々の生活の中では「ほとけ様」がみていてくださることをもとに、正しい心、思いやりの心、感謝の心を育てています。
(「ありがとう!」の言える子に)

かしこい子

遊びつつ文字や数に関心を持つように

集中力をつけるような遊びを、保育の中に取り入れています。
当番活動など、日々の生活や遊びの中で、無理なく文字や数に関心を向けるように工夫しています。

年長組では、ことば遊び、文字遊びなどから徐々に興味を持つようにしています。

かしこい子